FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父が救急車で!

  • CATEGORY
  • COMMENT0
父が救急車で運ばれたと母から電話がありました。
ちょうど出かけるところだった私は約束をキャンセルして、病院へ。
途中で母を拾って,駆けつけたのは電話から30分後。

父は子どもの様に心細い顔をして、
それでもしゃんとしたたたずまいで、
小さな病院のベッドに横たわっていました。

「痛い?」と尋ねると、「我慢できるさ」と。

いつまでも誇り高い父は現在96歳。

「ここはどこだ?」と不安げな質問。

「ここは高田馬場に近いD病院だよ」

「飯田橋のM病院へ行ってほしいと頼んだけれど、
休みで連絡がつかないとかでここに運ばれたんだ。
M病院に連れて行ってくれないかな?」

それが父の希望でした。

父にとって苦しいのは痛みでは無いようでした。
おしめをされて、そこに排泄しろと
言われた事がショックだったのです。

そして、この病院では手術ができないと言われ、
このままおしめとともに寝たきりになる事を
どうしても受け入れることができなかったのです。

それは、誇り高くその年までだれの世話にもならないために
努力を積み重ねて生きてきた父の尊厳に関わる問題なのだと
私はすぐに気づきました。

父の転院の希望を叶えたい。


それだけが今の私にできる事なのだから。


にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。