ペースメーカーと共に暮らす父は大腿骨骨折。母は非結核性抗酸菌症。

< Prev Entry Blog Top Next Entry >
心臓の音に目覚めてしまう。
2018/04/2907:31
母の体調がよくありません。
咳に加えて痰がたくさん出るようになって、
気にしています。

その上、脈拍がとても速くなっているようです。
聞けば、寝ている時でも、
自分の心臓の音に目覚めてしまうと言うのです。
多い時には脈拍が150を超えてしまうそうです。
計ってみると現在は100くらいでしたが。

母は自分の事となると心配をかけまいとして、
我慢してしまう性分です。
なのでとても心配です。


とは言っても、何をどうすればいいのかも分からず、
ただただその訴えを聞いているのは私としても辛いので、
外出に誘ってみようとしましたが、
「とてもそんな気分になれない」と
断られてしまいました。


それでも母は寝る前に、
自己流の体操を毎日20分続けているようで、
そのおかげで、今でも歩けている事が嬉しいとも言います。

母は比較的姿勢がよく、
歳の割には背骨もしゃきっとしています。
それも体操のおかげだと思います。

いずれにしても、もう少し様子を見て、
やはり苦しいようだったら
また別の手を考えなければなりません。

体は多少不自由であっても
顔色のいい父に比べると、
母の顔色は生彩が無く、
やつれて行く一方です。

母のために私はどんな応援が出来るのでしょうか。


それにしても、私の体調もあまり芳しいとは言えません。

父と母の事をあれこれやっている間に、
私の体重も5キロ減ってしまいました。

気もちのエネルギーはいっぱいなのに
体力的エネルギーが不足している事を実感します。
運動不足を反省するしかありません。

今日も父と母のために食事を届けます。
先ずは朝市の買い物から。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へにほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村



Category : 母

Comments : 0 /

< Prev Entry Blog Top Next Entry >
View Comments
Write Comment