FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私には無理です。

  • CATEGORY
  • COMMENT0
妹は老健のパンフレットを取り寄せたと言ってきました。

事情が変わって、父が実家に帰るそうだと伝え、
相談した結果、
それでもリハビリ施設やショートステイなど必要だからと
実家から近い施設の見学予約をしてもらいました。

妹も、実家の部屋の使い方など考えはじめ、
ヘルパーさんをどのぐらいお願いできるかなど
もろもろ考えはじめてくれます。
これで方向性は決まった!

この父と母が決めたことを大切にしよう。そして、
全力で応援しようと私の気もちも固まっていきました。

         ◎

が、私が打ち合わせに出かけるバスにのっていた夕方、
母が暗い声で電話をしてきました。

バスを降りて折り返すと、
「夕べは一睡もできなかった。私には介護は無理です」と。
不気味なほどあらたまった母の声でした。

父に帰ってこられたら…と思うとそれだけで眠れなかったのです。

実質、母は昨日の話を白紙にしてしまったのでした。

母は、具合が悪いから仕方がない。
というのですが、
ならばどうして父をぬか喜びさせたのかと思うと、
ちょっと悲しくなります。

母は父をどこかの介護施設に預けたいとか、
私に父を預かってもらえないかとか言います。

母の気持ちも、自信のなさも、不安も、苦しさも…
痛いほど分かります。
89歳の母に父の介護を押し付けてしまおうなんて、
私の方が謝るべきだと思いました。

でも、私にはもう父を説得する自信がありません。
父は昔気質の頑固者で、病院にお世話になっていても
気分は関白です。
一度怒り出せば、面倒なことになってしまう。
かえって母を苦しめることに。

それでも母は
自分はひとりでもなんとかできる。
だからこのまま私にひとりで生活させてほしいのです。
せめて、あと2年くらいは、と懇願します。

そして最後に、食事と買い物はちょっとだけ応援してほしいけれど、
それと事務的な諸手続きなどもお願いします、と付け加えました。

母の気持ちは分かりますが、
私が父を引き取り、さらに母に食事を造り、
加えて買い物の手助けをする?

バス停3つとはいえ、
ここと実家を行ったり来たりしなくてはならない。
せめて父も同じところに居てくれたなら…な。

母は必死で、自分が勝手に
父に帰ってきていいよと言ったことを
反省していると訴えます。
出来もしない、父が喜ぶような嘘をついてしまったと。

「反省しています。無理です。お願いします」
を繰り返すばかり。

とりあえず、私は打ち合わせの時間なので、
一度冷静になるため電話を切りました。

日々状況は変化する。長い長い一日でした。


にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。