自分も大切にしなければ。

相棒と話し合ったことは、
この2ヶ月、精一杯やってきた結果、
生活を後回しにしてきて、
気持ちの余裕が持てなくなっているのではないかということ。

心に余裕が無いと、
父や母の応援は、ただ辛いことになってしまう。

何かできる事があるだけで幸せだと思うのに、
それが主体性を失って、振り舞わせれると感じるのは
良くないに決まっています。

そろそろ自分の生活を
立て直さなければならない気がしています。

父にとっては寂しいかもしれませんが、
未来のどこかで本気で力を貸すためにも、
しばらく見舞いを控えて、
自分の心の余裕のために時間を使おうと思いはじめました。

と言っても、父や母のことが気になって
特別に何かをすることはできないだろうから、
見舞いに行く時間を少しだけ減らして、
立て直しの時間に変えたいと思います。

愛情を持って人を大切にしていくには、
自分自身が健やかでなければと思うのです。
自分も大切にしなければ、人を大切にすることなど
できるはずがありません。

幸い、今のところ父も母も
頑張ってくれています。

父や母に寄り添うばかりが、
応援することではない気がしています。

スーパーマンは本当に困った時にだけ現れるものです。
わたし、そんなスーパーマンになれるでしょうか? 笑

          ◎

街を歩くと、母の好きな花が目につきます。
毎年冬になると、母はシクラメンを買ってきては、
春先まで大切に育てていました。

今年はさすがに母のもとに花はありません。


bb.jpg


買って届けてあげたいと思いましたが、
ここは我慢!(?)

その時間を自分のために使おうと思いました。

で、相棒を誘って
お気に入りのカフェで美味しいクレープを
食べることに。

ほんの数ヶ月ぶりなのに、懐かしさを感じました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へにほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment