FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識混濁の中、怒鳴る父が。

  • CATEGORY
  • COMMENT0
今日は朝から妹が見舞ってくれる事になったので、
たまった仕事を片付けておかなくてはと思って、
パソコンに向かっていました。

夕方母から電話があり、
「お父さんが私をぶって、大声で怒鳴り散らしている。
もう手が付けられない。どうしよう。今から来て!」

えぇっ!!

妹に朝の様子を聞いたところによれば、
それらしい症状は朝からあったと言います。

急いで支度をして駆けつけると、父は車いすに座って食事中。
母が差し出すスプーンに大きな口をあけて、
まるで赤ちゃんのようでした。

母と変わった私をようやく認識したのもつかの間、
意識が混濁し、静かになり、
次第になにも分からなくなってしまいました。

母はショックで青ざめています。
これではせっかく手術をしたのに、
父も母もあまりに可哀想です。

そんな時に看護師の方がやってきて、
この症状は「せん妄」といって、全身麻酔の後に
よく現れる症状で、一過性のものであると説明してくれました。
とはいえ父は96歳。このままの可能性も無くはないとの事でした。

父は昨日発売の雑誌「漢字難問太郎」を




楽しみにするほど頭が鮮明だったのに。
階段を上れるようにステッパーで
足を鍛えもしていたのに。
あまりに可哀想で…。

相棒が肩をさすると、
気持ち良さそうな顔をするので(気のせいかな)続けていると
車椅子にすわったまま眠ってしまいました。

母は疲れ果て、次第に眠っていく父の頭をさすりながら、
「明日、また来るからね。」

母と一緒に実家に帰り、コンビニで買った夕食をとりましたが、
母も私もほとんど食べられませんでした。

これからもしかしたら、
全身麻酔の後遺症との戦いが始まるのかもしれない。
父は今までの人格を失ってしまうかもしれない。
そう思っただけで、目の前が真っ暗になります。

月がきれいな夜。
空はあんなにも明るいのに。

気づくとラインが入っていて、私の一番上の姪が、
多分、せん妄という症状だから、大丈夫だと調べてくれていました。
本当にありがたい、心優しい姪です。


にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。