車椅子から歩行器へ。

  • CATEGORY
  • COMMENT0
父の部屋にはもう車椅子は無く、今朝から
歩行器で食堂やトイレまで歩いているそうです。






と言っても、父の部屋から
わずか10mほどの距離。

良い方向へ向かっているとはいえ、
2ヶ月以上車椅子に頼っていた
父にとっては一大事に違いありません。
日常が一変した気分だと思います。

少し心細そうな父ですが、
年齢を考えると
よく頑張っています。偉いぞ!


zz.jpg


私としては、リハビリのためでもあるので
できれば車椅子に頼ってほしくなかったので
本当に良かったと思います。

この決断をしてくださったのは
父のリハビリ担当のT先生だと思います。

父が戻る家を見てくださったT先生が
いろいろと考えてくださった
気もちを嬉しく思います。
父は愛されているのだと思います。


父はリハビリが順調であることに
手応えを感じているようで、
今の老健では20分しかできないと残念がっています。

手術の後にずっとお世話になった
M病院のF先生のリハビリを思い出して、
あそこのリハビリは辛かったけれど、
長い時間やってもらえた。
M病院のリハビリを
また受けることはできないのか?
と聞きます。

相棒は、
「できますよ、また転べばね」と
ブラックな冗談を言って笑います。

もう嫌だよ。父も笑っています。


このまま父が、この悪夢の骨折を、
笑いながら話せる思い出に
変えてくれることができたなら…。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へにほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment