今を、明日を。

母は、少しずつ物を捨てようとしています。
今日は私に着物をくれました。
私はそれを友人に頼んで
ワンピースに作り替えるつもりです。

母の思い出の品が減る分、
父の介護用品が増えて行くのでしょうか。

父の体は完全には元通りにはならないかもしれません。

かなり頑張ったと思いますが、
さぞかし無念だろうと思います。

歩行にも制約があります。
おそらく家ではシャワーのみで、
バスタブには浸かれなくなってしまうかと思います。
外に出かける時は車椅子になるでしょう。
階段も克服できるか心配でもあります。

ひとつひとつの事が今まで通りにできない事に
父は苛立つ事でしょう。

それを母はどうする事もできないと思います。

私も含めて、私たち家族は
過去と決別して、これからを
見ながら歩いて行くべきだと思います。

人にとって、思い出の品々は
時として大きな力になりますが、
それにとらわれる事無く
新しい世界を受け入れ、そこを呼吸しながら、
ただ今を、明日を生きて行くのだと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へにほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村



0 Comments

Leave a comment